『あなたはブレまくりだね』には要注意!


ある方より、あなたは目標がブレまくりだねと言われてショックを受けたという相談を受けました。

でも大丈夫です。

ここで言う目標はコーチングで言うゴールに置き換え可能です。

正直なところゴールは瞬間、瞬間で変わって問題ありません。

人の心は絶えず動くのが普通、F-U-T-Uです。

重要性だって局面、局面で変わっていくのが普通です。

しかしなぜか社会では一度決めた目標はやり遂げなければならないというルールがあります。

これなんかは過去の慣習であり、マインドのメカニズムを分かっていない人がそう言っているだけであり、過去に決めたことに拘らなければならないという過去ベースの時間の考え方です。

いやむしろ抽象度を上げて考えれば、支配したい人が意図的に支配させる側をコントロールしたいために、あえてそのような価値観を流布して根付かせたのかも知れません。その公算は大です。

さて繰り返しますが、その抽象度を用いて考えるとゴールはコロコロ変わって問題ありません。

大概最初に設定したゴールは、それが素晴らしいと思い込まされてきた公算大です。そのくらい社会からの埋め込みは強烈です。

埋め込みの強烈さを知りたい人は、駅がある人はその駅周辺を歩いてみてください、駅が近くにないという方はテレビのスイッチをONにしてみてください。

どれだけの宣伝広告が目につくのか分かりますが?

普段は宣伝広告の看板をあまり意識していないと思いますが、実はあなたの意識に上がっていないだけで確実に無意識下に仕組まれています。

それに価値があるかのように、サブリミナルです(正確には、スプラリミナル)は巧妙です。

しかし、真面目にセルフコーチングを続けていけば抽象度が上がっていくので、『ある時前に設定したゴールって???』と感じる瞬間があり、とても大切です。

本当のwant toのヒントはいろいろと価値感を埋め込まれる前の子どもの頃に好きだったことにヒントがあります。

これに関連して、コーチングのセッションは快適なホテルのラウンジでと言う不文律があるようです。非日常に身を置くことでクライアントのリアルを揺るがしマインドが書き換わりやすい側面があるのは確かです。

人によってはそこに身を置く自分が凄いという本心があるのかもしれません。

でも良く考えたらそのスゴイも○○ホテルは格式が高い、洗練されているという情報をある程度大人になってから埋め込まれて来たのではないでしょうか。

ホテルと言う空間も、あえてそのホテル側が意図的に仕掛けています。もちろん気分良くなってもらいたいからだと思いますが。

これだって他人から与えられた価値の下で、自分は凄いと評価しているに過ぎません。

そうではなくて本当に自分が好きなことに夢中になるからエネルギーが生まれて、周りを巻き込んでいく、そこに価値が生まれます。

いや価値などという概念も無粋かも知れませんね。

ただ楽しいからやる。

生き方がブレようが、ゴールが変わろうが何の問題もありません。


2017-04-16 | Posted in エフィカシーNo Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です