ついに公開! 『同調圧力と不安・恐怖心を利用してモノを買わせる方法』 から身を護る方法


不安商法
前の記事で同調圧力について書きました。

この記事では同調圧力を悪用する方法を開示します。

ただ単に、圧力を加えるのではありません。これに不安や恐怖を付け加えるのです。

今は物質的に豊かになり、ありとあらゆるモノが溢れています。

消費者の財布は固く絞られています。

ではどうやったら買ってくれるのか?

上にあげたとおりに不安と恐怖を煽ることです。

例えば、いい大学に入って、いい会社に勤めないと将来、落ちこぼれますよ。立派な社会人になれませんよ。

そのように不安を煽ります。

いい会社に入ることが子どもにとって幸せなのかどうかは分かりません。

この商法は子どもが将来、路頭に迷ったら私のせいだ、そうならないようにしなければという親への罪悪感へつけ込みます。同じクラスの○○君も、△△ちゃんも塾に通っているでしょと何気なく同調圧力も仕掛けます。

他には、これからの時代に英語が話せないと困りますよと不安を煽ります。この商法はおそらく何十年も前からあると思います。

英語が話せない。会社で出世できない。その背後には出世をした方が偉い、お金を稼いだ奴が偉いという刷り込みがあります。『このご時世、みんな英語が話せるでしょ。話せないのはあなただけよ』という圧力でもあります。

恐怖は力の強い説得者だ。マーケッターも広告会社もそれをよく心得ていて、大いに利用する。

マーケティングの世界で商品を買わせるために脅し戦術が使われるのも、そのためだ。
(中略)

恐怖心をくすぐって買わせるやり方は、現在でははるかに洗練され、巧みになっている。
マーティン リンストローム (著)なぜ、それを買わずにはいられないのか―ブランド仕掛け人の告白 P52。

 

また、失敗への恐怖心も餌となります。

]

2007年に英国のバース大学の研究グループは、成功への期待より失敗の恐怖の方が、はるかに消費者の購買欲を高めるという驚くべき事実を発見した。成功を約束されている人は行動を起こさないが、失敗をほのめかされると人はあおられる。中略 そして実際に、買い物で何よりも強い説得力を持つのは、研究の結果通り、失敗した「みじめな自分」を垣間見させることなのだ。
マーティン リンストローム (著)なぜ、それを買わずにはいられないのか―ブランド仕掛け人の告白 P53-54。

 

誰だって、今よりも将来が悲惨だと思えばやる気が無くなります。人によっては自殺してしまうかもしれません。

それを回避したいがために、モノやサービスを買ってしまうのです。

 

防御法
では、こんな手口に騙されないようにするには、しっかりとゴールを持つことです。

これからの時代は、昔のように一つの価値観を達成することに、皆が競争をすることではありません。各個人がそれぞれゴールを設定して、それを叶えていく。そういった時代になっていきつつあると感じます。

しかし、皆さんが、ゴールを求めようとすれば、必ずと言っていいほど、ドリームキラーが表れます。

『そんなことしたって無駄じゃない。将来どうするのと』。

その低いエフィカシーに同調させようとします。

また、不安や恐怖も煽ってきます。

『あなたは今のままでは、将来みじめになるだけよ。私のいうことを聞きなさい』と言ってきます。

なので、不安や恐怖を煽ってくる人間に出くわしたら、その根拠を尋ねてみましょう。

おそらく、上手く答えられないことでしょう。

なぜならば、その人自身が不安や恐怖に覚えていて、それをあなたにも味わってもらいたいのです。ついでに言うと、低いエフィカシーも。

もうお気づきだと思いますが、構造的には上に引用したマーケッターと同じ原理です。マーケッターは、意図的ですが、ドリームキラーは無意識的なのです。
※すべてのマーケッターが不安や恐怖を活用するのではありません

 

不安や恐怖は本能
さて、不安や恐怖は伝播しやすい感情です。

人間に限らず多くの生物は集団になることで外敵から身を守り進化してきました。

例えば、狩りに出た集団の一人が、大蛇のいそうな気配を感じて、不安をもち、それが仲間に伝播して、大蛇に食べられるという危機を回避してきたという進化の過程もあったはずです。

こう言った時のために、不安のスイッチがあったのです。

それゆえ、この感情は伝播しやすいのです。

また厄介なことに、不安や恐怖は時に快楽にもなりえます。

まさかと思われるかもしれないが、私たちが怖さに惹かれる裏には、生物学的な理由が潜んでいる。恐怖はアドレナリンの分泌をうながし、原紙の時代からそなわった本能的な“戦うか逃げるか”の反応を引き起こす。その反応がさらにまた“アドレナリン中毒者”に見られるような深い快感を生むホルモンと神経伝達物質の分泌をうながす。「恐怖と快楽をつかさどる脳の部位は、かなり重なり合っている」と、フィンランドのタンペレ大学(当時)の神経学者アラン・カルエフは指摘している。そしてヤーキーズ国立霊長類研究所の神経科学者ケリー・レスラーによると、人が怖いものを見たとき“恐怖中枢”である扁桃体が「実際に恐怖体験をした時と同じように活性化する。だが大脳皮質が現実には危険がないのを認識しているため、ホルモンの過剰分泌が恐怖心ではなく満足感を生む」という。
マーティン リンストローム (著)なぜ、それを買わずにはいられないのか―ブランド仕掛け人の告白 P51。

不安や恐怖依存症にならないよう、いつの間にか、それがコンフォートゾーンになってしまうケースがあるので要注意が必要です。

不安や恐怖の餌食にならないためには、自分なりのゴールを持って、それをめがけて歩んでいく。

その道中で、圧倒的に高いエフィカ―で、かつあなたを嬉しい、楽しい気分にしてくれる人が表れます。そう言った人達との関係を大切にしていきましょう。

何よりは、あなたが周囲をそんな気分にさせる人物になれば素晴らしいこと、この上ありません。

 

まとめ
・マーケティングの裏には、不安や恐怖を煽る方法が隠されている
・仲間外れになるよという不安、将来への恐怖がそーっと刷り込まれている
・騙されないためにもゴール設定が有効
・嬉しい、楽しい気分にしてくれる仲間を見つけよう
・そして、何より大切なのはあなたがそのような存在になることです

 

セミナー情報
【パワースポットを巡って自信満々な自分になり、今持っている悩みや不安をサクッと解決できる自分になろう!】
日 時 5月28日(土)
時 間 12:00~
場 所 京都(詳細は参加者のみお伝えします)
参加費 6,000円
定 員 6名
必要な物 熱い気持ち、勇気
※交通費等は自己負担となります。
※鴨川沿いでのセミナーは雨が降った場合、お茶会兼セミナーとなります。
※セミナー終了後、懇親会を行います。参加は自由です。予算3、000円くらいを目途に考えています。

詳細は
https://www.facebook.com/events/141864499548090/

メールレター 無料

『どん底の人生から立ち上がるコーチング 絶望から希望へ』
http://www.reservestock.jp/subscribe/42409
『人生を変えるシンプルな法則 最強のセルフイメージ構築法』
http://www.reservestock.jp/subscribe/44327
『思いどおりに人生と周囲を操る 禁断の抽象度活用術!』
http://www.reservestock.jp/subscribe/48154


2016-04-21 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です