相手の心を開かせるには まずはこちらをお試しください!


いい人は心温まる人
コーチングの世界に飛び込んでから、多くの「いい人」に出会いました。ここでいう「いい人」とは世間一般で揶揄される「あの人は(いい人)なんだけどね・・・」の「いい人」ではなく、圧倒的に「いい人」です。

皆さま本当にこころ温かい「いい人」です。

思い出すだけで涙が込み上げてくる逸話も多々あります。

こころ温かい人で思い出しました。

今から約十年前、某港で外国人の船員さんのお世話をする仕事に就いていた時の話です。

心と体は繋がっている
船の乗組員主催のパーティに呼ばれました。そこで、ある船員さんと握手をした際に「斎藤さん、あなたの手は冷たいけど、まさか心まで冷たいなんてことはないよね?」と言われたことがあります。

この時は、そんなことはないと思いましたが、今思えばそんなことがあったかもしれません。

初めて赴任する港で、知り合いは誰もおらず、孤独を感じる毎日でした。職場の人達になかなかなじめずに、心を閉ざしていました。その冷たくなった心が、体まで冷たくしてしまいました。

苫米地コーチング理論の情報は物理を書き換えるを言うまでもなく、他の実験でも心と体が繋がっていることが実証されています。

カナダのトロント大学の実験です。

人が気温をどう感じるかではなく、実際にどういう身体反応があらわれるかを明らかにしようとした。孤独を感じたとき、人の皮膚温が下がるのを調べたのである。この実験では、先の実験と同じ要領で被験者にバーチャルなトス回しをさせ、2、3回に一回の頻度でパスが回ってくる人たちと、まったくパスが回ってこない人たちをつくった。そして、その間、被験者の指の温度を計測した。すると、のけ者にされている人たちは、実際に指の温度が下がることがわかった。
タルマ ローベル (著), Thalma Lobel (原著), 池村 千秋 (翻訳) 『赤を身につけるとなぜもてるのか?』P24-25。


この実験から見れば、その船員さんが言っていたことは理に適っています。個人的な感覚としても、閉ざした心が体温を低下させてしましました。そして、その後私は自律神経を壊してしまい仕事を続けられなくなりました。

 人が寒さを感じるか温かく感じるかは、部屋の温度ではなく、その人の心理状態にも明らかに左右される。仲間外れにされたり、同席している人たちと考え方や価値観が異なったりして、孤独感を抱いているとき、その影響は肉体と心理の両方に及ぶ。また、部屋の中で他の人から離れた場所にいるときも、人は孤独を感じ、部屋の空気を寒く感じる。逆に、他の人たちに受け入れられていると感じたり、意見や思考が近い人たちと一緒にいたり、誰かの側に座っていたりすると、部屋が暖かく感じられる。
タルマ ローベル (著), Thalma Lobel (原著), 池村 千秋 (翻訳) 『赤を身につけるとなぜもてるのか?』P26。

もしかしたら、この引用をお読みの方で、このような体感をしたことがある人もいるかもしれませんね。

温かい飲み物
さて、どのように対処するのかを書いてみたいと思います。

心にぬくもりを感じるには?意外なところに答えがありました。

それは体を温めることです。一つの方法として、温かい飲み物を飲むこと(正確には、温かい飲み物を手に取ることです)

先ほどの実験には続きがあります。

では、のけ者にされた人が温かいものを手に持ては、感情が改善されるのか?・・・(中略)・・・疎外感を味わわされても、あとで温かい紅茶を持たされた人たちは、手の温かさが心を温めて感情が改善したらしい。
タルマ ローベル (著), Thalma Lobel (原著), 池村 千秋 (翻訳) 『赤を身につけるとなぜもてるのか?』P25。

この実感から、最初は冷たい心でも、温かい飲み物を手にするだけで体だけではなく心まで温まることがわかりました。

会議や交渉の場で、最初は緊張していたムードだったけど、温かい飲み物を手にした途端に、場の雰囲気が良くなったという経験がある方もいるでしょう。

私的にも、コーチングのセッションのおり、クライアントさんがあったかい飲み物を飲んだとたんに、ラポールが強まったという経験があります。

また補足ですが、精神的に辛い状況にあった人が、コーチングを受けて心が温まり、体調まで良くなったという事例があります。私自身もコーチングを受けた側として、その経験があります。

皆さんも、自分のみならず、相手の心を開かせたい時は、傍らに温かい飲み物を用意することをおススメします。

まとめ
「いい人」は心温まる人である。

心と体は繋がっている。心が冷たいと、体温にまで影響することが実験で判明した。事実、私(斎藤貴志)は心を閉ざして、体を壊した経験がある。

逆に捉えて、あったかい飲み物などを提供して体を温めた結果、心が温まった例も報告されている。

相手の心を開かせたい時は、温かい飲み物を用意すると効果的だ。

お茶会を開催します。

苫米地式コーチングについてご興味ある方は是非ご参加ください。
お茶会は不定期開催なので、この機会に是非。

日時 12月24日(木)10:00-11:00

料金 お一人様 1,500円(税込)
※お茶代は、お客様の自己負担となります。
定員2名

場所 大阪梅田ホテルのラウンジ
※場所についてはお申し込みくださった方に、個別にご連絡ください。

ご参加をご希望される方は、『大阪お茶会希望』とご記入してお問い合わせください。

http://mindresque.jp/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

メールレター 無料
『どん底の人生から立ち上がるコーチング 絶望から希望へ』
http://www.reservestock.jp/subscribe/42409
※PC.スマートフォンからの受信専用です。


2015-12-12 | Posted in こころの病No Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です