女性の魅力を2割上げる方法


コーチング理論は、心理学のエッセンスがふんだんに取り組まれています。

それは元祖コーチの故ルータイス氏が理論をつくり上げていく中で、その時代時代の第一級の心理学者と組んでつくり上げていったからです。

とても科学的な根拠に裏打ちされています。

なので、コーチング理論を学んでいくうちに、いつの間にか心理学に興味を持ち、それに関連した本を読み進めていました。

せっかくのなので、副産物として学んだ知識をブログの記事にしたいと思います。メッセージ性もとくにありません。ふーん、そうくらいにお付き合いいただければ幸いです。

ロマンティックレッド効果

いきなりですが、今回は赤い服をきた女性に、男性はなぜ魅力を感じてしまうのかについて取り上げてみたいと思います。

「そう言えば、この子」赤い服を着ているとなぜか魅力的に見える。そんな経験がある男性は意外と多いのではないでしょうか。

これは女性から見た、男性が制服を着ていたら3割くらいカッコよく見えてしまう問題に通じるものがあるのかもしれません。

女性が赤い服を着ていると男性から余計に魅力的に見える現象、これをロマンティックレッド効果と呼びます。

ニューヨークにあるロチェスター大学のエリオット教授によって報告されました。
実験では、男性を集めて、コンピュータ上で女性の上半身の外見に魅力度を付けて評定させるものでした(出典1)。

女性は同一人物で、この女性の背景色を赤、白、灰色、緑と変えていきました。
そして一番魅力が高かったのが赤でした。赤は、それ以外の色に比べて2割も魅力が高まったのです。

これは本能的なものだと考えられています。動物のメスの中には繁殖期には体の一部を赤色にしてオスを誘うという行動が見られます。

人間の場合も同じで、この実験では女性の背景が赤になった時に、その人への性的魅力度も高まったそうです。

女性が評価をしても全く魅力度に変化をもたらさなかったそうです。あくまでも、男性からの場合のみだそうです。

赤い口紅

また、他にはフランスで、女性を一人バーのカウンターに座らせて、赤い口紅を塗った時と、それ以外の、ピンク、ブラウン、口紅なしでは、どのくらいの率でナンパされるかという実験も執り行われました。

この事件でも赤い口紅の方が声を掛けられる率が高かったのです。

赤いパソコンを持った女性
台湾のリン教授は、上のエリオット教授らの実験のように、女性に赤、黒、シルバー、青のノートパソコンを持たせて、どの色のパソコンを持った時が一番魅力的かを測る実験を行いました(出典3)。

この時も、黒、シルバー、青をもった時は、魅力度は高まりませんでしたが、赤では魅力が高まったそうです。

以上のように、女性は赤い服を着る。または赤い小物を持つと男性からの魅力が高まるようです。

補足 一方の女性も男性が赤のアイテムを身に付けていた場合に、その人に社会的ステイタス、エネルギーを感じるそうです。ただし、あまり度が過ぎると赤から攻撃性を連想してしまうので好ましくないようです(出典4)。

 

出典1
Romantic Red: Red Enhances Men’s Attraction to Women. Andrew J. Elliot and Daniela Niesta. University of Rochester.
http://www.bryanburnham.net/wp-content/uploads/2014/01/Elliot-Niesta-2008-JPSP-.pdf

出典2
Does Red Lipstick Really Attract Men? An Evaluation in a Bar
http://www.ccsenet.org/journal/index.php/ijps/article/viewFile/15080/11738

出典3
Red-colored products enhance the attractiveness of women.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0141938214000407

 

出典4
Women Attracted to Men in Red, Research Shows : Rochester News

http://www.rochester.edu/news/show.php?id=3663
 

参考文献
恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学


2015-11-23 | Posted in 社会的証明&洗脳No Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です