君は佐藤菜生、もとい”幌村菜生”コーチを知っているか 


今回は赤坂 ユニコ 菜生コーチ(以下、菜生コーチ)のご紹介です。

もしかしたら、お気づきの方はも多いかもしれませんが、実はこのブログにも匿名で登場されています。
http://mindresque.jp/2015/08/17/air%E6%81%8B%E6%84%9B%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/

この度、ご本人のご許可を頂いて当ブログにてご紹介させて頂くことになりました。
それでは、以下にて満を持してのご登場となります!

菜生コーチは第一級のコーチです。多くの苫米地式コーチのレベルがA級だとしたら。この方は、間違いなくその上のS級です。実力、実績は圧倒的に群を抜いています。事実、認定コーチ養成講座では特別講師を任されるほどなので、その実力は折り紙つきです。私たちコーチのコーチなのです。

私にとっては兄弟子(姉弟子)であり、尊敬する偉大な先輩です。コーチとしての在り方、技術等、教えて頂いたことは沢山あります。私自身も物凄い影響を受けました。

以下に、私と菜生コーチとの関わりについて書きたいと思います。

1・出会う前
認定コーチ養成講座を受ける前から菜生コーチのことは知っていました。理由は、当時のホームページに記載されていた記事のレベルが高く、強く印象に残っていたからです。「凄い人だ。いつか会ってみたい」と当時は漠然と思っていました。

2・初めてお会いした時
初めてお会いしたのが今年の2月です。認定コーチ養成講座で特別講師としてご登壇されました。「まさか、本物に出会えるなんて!」という驚きを覚えています。

菜生コーチが教室に入ってきた瞬間に、部屋中がふわーっとした感覚につつまれたのを覚えています。また、目が合った時に、すべてを許してもらったような不思議な感覚につつまれたのも覚えています。と同時に、「凄い方に出会ってしまった。超ラッキー」というセルフトークが出てきたのも覚えています。もちろん、その後に本当に凄い方だということを体感していくことになります。

3・講座にて
あの講義のことは忘れもしません。詳しい内容は守秘義務の為に話せませんが、菜生コーチが独自の視点から苫米地式コーチングについて語ってくれた講義にて、余りにも説明が素晴らしく、そして美しく、私の心に突き刺さった回があります。隣席の方からも「斎藤さんが非言語で何かを強く感じたのが思いっきり伝わってきた」言われました。その回は滅多なことでは泣かない私が、嬉しすぎて感動して涙が止まりませんでした。お世辞ではなく、この方の講座は芸術の域に達しています。コーチングを芸術に変えてしまいました。

コーチングを芸術に
赤坂 ユニコ 菜生は革命家なのです(呼び捨てですいません)。
また、私が言うのもなんですが、コーチングに関する紹介に書いてある「非言語による内部表現の書き換えで、あなたが今思っている以上のあなたを必ず引き出します。お任せください」という件が全てを物語っていると思います。

菜生コーチに掛れば、本当に能力が引き出されてしまいます。クライアントになる方は、お楽しみにしておいてください。絶対に人生変わりますから。

菜生コーチについてはこちらも
http://mindresque.jp/2015/11/29/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%81%AE%E4%BB%98%E3%81%91%E6%96%B9%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BCin-%E4%BA%AC%E9%83%BD/

赤坂 ユニコ 菜生コーチのHP(テトラヒドロン人間関係研究所)
http://www.tetrahedron.institute/

赤坂 ユニコ 菜生コーチのFacebook アカウント
日本社会のかかえる諸問題に、抽象度の高い視点から切り込みます
https://www.facebook.com/beplayercoaching?fref=ts

菜生コーチは、今後は世界を拠点に活動されるとのこと。相変わらずぶっ飛んでいます!!!


2015-10-11 | Posted in エフィカシー, コーチングNo Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です